症状について

症状について

スポーツ障害sport

こんなお悩みありませんか?


・スポーツをすると痛みが出る
・痛みやケガで、全力でプレーができない
・スポーツが終わると
・ケガをしてから、感覚が戻らない
・運動の疲れがたまりやすく回復が遅い
・走ったり、ジャンプすると腰や膝や足首などが痛い
・ボールを投げると肘や肩が痛い
・バットを振ると腰や腕が痛い

スポーツ障害の原因


局所的な筋肉に負担がかかることで、関連する骨や筋肉に炎症が出てしまい、痛みにつながります。

・身体の使い方
・筋肉の柔軟性不足
・筋力不足など
・オーバーユース

上記のように原因は様々ですが、柔軟性や筋力の不足を解消することで改善できます。

スポーツ障害が改善しない・悪化する理由


「ケガはくせになる」と聞いたことはありませんか。
一度傷めてしまっている状況であれば、安静にして一時的に治ったとしても再発する確率が高いです。
受傷の原因となった身体の使い方や筋力不足などを解消しないと根本的な改善には繋がらず結果的に障害が繰り返されることになります。

スポーツ障害の治療法


まずは痛みがある箇所を回復させることを優先しますが、その場だけの治療にならないようにする必要があります。
身体の使い方が悪い場合はフォームの改善を行います。また、筋力不足の場合はトレーニングを行い、筋肉の柔軟性をがない場合にはストレッチを行います。

この様な症状にお悩みの方には下記のメニューをおすすめしております。

ベーシックメニュー

その他の症状- OTHER -