ブログ

ブログ

ダイエットを成功させるコツとは

2021/05/31
ボディメイク



お世話になります。


京都・宇治パーソナルトレーニングジム「Co-Athletes」です。


一生懸命ダイエットを頑張って、日々運動やトレーニング、食事制限を頑張っているのになかなか体が変わらない。


お尻や背中の筋肉はついてきたけど、お腹のお肉が落ちない。


体重は落ちたけど見た目は変わらない。


などなど。


ダイエットを頑張っている方の中には、このような悩みを持つ人は結構多いのではないでしょうか。


特にトレーニングに関する知識、体に関する知識が少ない人であればあるほどこのような悩みを持つ傾向にあります。


要するに「自分が落としたいと思っている部分の脂肪が落ちない」という悩みですね。


ただ、体の脂肪は実は部位によって落ちる順番があったりします。


もちろん「厳密にここから落ちていきます」と断言できるものではありませんが、これらの研究や論文もあることから、脂肪が落ちていく順番を"ある程度"予測できるのは間違いありません。


そこで、本日はどの部分の脂肪が落ちていきやすいのか?その順番について解説していきたいと思います。


なお、脂肪は筋肉量が多い部位から落ちていくという研究結果もあるので、本日の内容は「体の筋肉は均等についている」という前提で話を進めていきたいと思います。



それでは行ってみましょう。



落ちやすい脂肪、落ちにくい脂肪



また、人間の体は脂肪がつく仕組みになっているのですが、この脂肪も一括りに脂肪とはよべず脂肪にも種類があります。


特に、ダイエットを成功させていく上で重要な脂肪群は以下の二つ。


・内臓脂肪 
・皮下脂肪 


です。



一つ一つ説明していきましょう。



1、内臓脂肪



内臓脂肪とは端的に言えば「腸の周りについている脂肪」の事を指します。


ぽっこりお腹になっている、ぽっこりの部分はこの内臓脂肪が原因です。


また内臓脂肪が溜まりすぎると、生活習慣病の原因になると言われています。


高血圧、高血糖などが代表例でしょう。


ただ、内臓脂肪の特徴はその他の脂肪に比べて「落ちやすい」という特徴があります。


日常生活を改善し、運動(トレーニング)、食事制限を行えれば良り早い段階で内臓脂肪を落としていけるはずです。


また、この内臓脂肪は男性につきやすいという特徴があります。




2、皮下脂肪




皮下脂肪とは端的に述べると「皮膚を支えるために存在する皮下組織に溜まった脂肪」の事を言います。


皮下脂肪は、内臓脂肪と比べると落ちにくいと言うのが特徴です。


一度ついてしまうと中々落ちずらかったりします。


この皮下脂肪は男性よりも女性につきやすい傾向があり、女性が中々お腹周りのお肉が落ちにくいのはこのためです。


とは言え皮下脂肪は内臓脂肪と比べて落ちにくいものの、適切なトレーニングと食事制限で減らしていくことができます。


「皮下脂肪は落ちにくいから仕方ない」と放っておけば、内臓脂肪と同じ様に体調不良の原因になるので気を付ける必要があるのは言うまでもありません。




痩せやすい体の部位とは




それでは次に、脂肪に加えて体の中の脂肪が落ちやすい部位、落ちにくい部位についてお話していきたいと思います。


一般的には個人差はあるものの、体の中心から遠い位置から痩せると言われています。


その理由の一つに「肝臓から遠い」というものがあります。


ですので、ダイエットでは


「ふくらはぎ→腕・肩周り→太もも→お腹周り→腰回り→お尻」


の順番で痩せていくケースが多いです。


もちろん、全てが全てではありますが傾向的にこのようなります。


この視点で行けば、お腹やお尻は最後の方に痩せていくのでダイエットとしては少し長い目で見る必要があります。


ただ、必ずしもその部分を痩せさせるだけがダイエットではありません。


トレーニングによって筋肉をつけることで脂肪の燃焼速度が早まることは間違いないでしょう。


また、トレーニングによって筋肉がつけばメリハリがあって健康的な体になります。


仮に脂肪が多い部位であっても、その部分に筋肉がしっかりついている見た目と筋肉がない見た目とは全く違います。


少なくとも筋肉がついた部分には、たとえ脂肪が多くとも「張り」が生まれてくるので見た目の違いは歴然とするでしょう。


体重は一切変わっていないのに、トレーニングによって筋肉がついたことで見た目がガラッと変わる人もいるぐらいです。


ですのでベストなダイエットとしては、適切な食事制限で脂肪を落としながらトレーニングによってメリハリのある体を作っていくことがベストと言えます。




痩せる順番を意識したダイエット成功法




内臓脂肪、皮下脂肪が多くなる最大の理由は「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」と言われています。


いわゆる暴飲暴食ですね。


それゆえ、ダイエットを成功させるためにまず大切なのは食生活の改善になります。


まずは、栄養素を考えるよりも「摂取カロリーを抑えること」を念頭に置く様にしてください。


特に女性の場合であれば、脂質の多い甘いものを少し控えるだけで何らかの成果は期待できるはずです。


また、体に蓄積された脂肪を消費させていくには基礎代謝が高める事が重要になります。


なぜなら、1日の大半の消費エネルギーは基礎代謝によって消費されるからです。


逆に基礎代謝が低くなれば、摂取エネルギー(摂取カロリー)が消費されずに脂肪が蓄積されてしまい、肥満を促進してしまいます。


ですので、より効率良く脂肪を除去するには消費エネルギーを高める必要があり、消費エネルギーを高めるには基礎代謝を向上する習慣を作るべきです。


では、どうすれば基礎代謝が向上するのか。


手っ取り早い方法は、筋肉量を増やす事です。


筋肉量を増やせば、基礎代謝は向上していきますし脂肪の除去効率は高まっていきます。


当然、筋肉を増やすには筋力トレーニングが必須になります。




体の仕組みを理解してダイエットを成功させましょう




今回お話した様に、


・脂肪には燃えやすい脂肪、燃えにくい脂肪がある
・脂肪が減る早さは部位によって違いがある


など体には多岐に渡る仕組みがあります。


トレーニングや食事制限をしているのにお腹やお尻の脂肪が減らない場合、単純にそのまま継続すれば問題ないわけです。


なぜなら、お腹やお尻の脂肪は最も最後に落ちていく部位だからですね。


あるいは、消費カロリーより摂取カロリーがはるかに大きければ根本的に生活習慣を見直す必要があります。


摂取カロリーが大幅に少ないのに、体がいまいち変わっていないのならトレーニング自体を見直す必要あるわけわけです。


要するに、体の仕組みをきちんと理解すれば今の自分の取り組んでいることが正しいのか?あるいは取り組んでいるダイエット方法は正しいのかを的確に理解できます。


もし、あなたがいまいち今取り組んでおられるダイエットに手応えを感じていないのであれば、体に関する知識を増やす必要があるかもしれません。


是非、本日の記事も参考にご自身で体について勉強してみてください。


また、こちらのブログにもダイエットに関するノウハウは掲載していますので、参考にして頂ければ幸いです。



「体の仕組みをもっと知りたい」
「より早く的確にダイエットを成功させたい」


そんな方は、私たちが運営するパーソナルトレーニングジム「Co-Athletes」をご利用ください。


1ヶ月もあれば、ダイエットに必要な知識程度はしっかりインプットできるはずです。


では、本日は以上になります。


ここまでご覧頂きありがとうございました^^





カテゴリー- CATEGORY -
治療
野球
ボディメイク
アーカイブ- ARCHIVE -
2021/10
2021/09
2021/08
2021/07
2021/06
2021/05